« こどもの日(わかめの日でもあるよ♪) | トップページ | 『フジグラン石井店』の傾向およびその対策 »

今日5月6日は、なんと

ゴムの日です。その由来は、「ゴムには、天然のゴムの木から採取したラテックスを固めて作ったものと、天然ガスや石油などをもとに作ったものがあるが、日常生活で使われる物の多くは後者。身の回りにあるゴム製品を見直してみようという日。5月6日の語呂合わせから。」だそうです。なるほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え~、そうなんすよ、特に書くことないんです。とりあえず、あり得ないポーズで新聞を読むしゃぶさんの画像でお楽しみ下さい…。

2006423_003_2

|

« こどもの日(わかめの日でもあるよ♪) | トップページ | 『フジグラン石井店』の傾向およびその対策 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

5月6日がゴムの日とは知りませんでした。
天然ゴムはかなり古くから使われていましたが、工業製品として利用できるようになったのは、1839年にCharles Goodyearが加硫という化学的処理法(硫黄で架橋する)を発見したことによるところが大きいでしょう。ちなみにタイヤメーカーのGoodyearは彼の名にちなんでつけられた社名だと思います。
ゴムは弾力豊かな材料であることはご周知の通りですが、このような弾性のことを「ゴム弾性」といいます。決してバカにしているわけではありません。歴とした学術用語です。久保亮五大先生の名著にも「ゴム弾性」という本があります。ゴム弾性は高分子物質に特有の性質で、分子(鎖)が引き伸ばされることでエントロピーが減少し、それを回復するために復元しようとする力が生じ、弾性として表れる性質です。従って、ゴム弾性のことを「エントロピー弾性」といったりもします。これと対になるのが「エネルギー弾性」ということになります。
ゴムの性質を物理化学的に見直してみるのもまた一興ではないでしょうか。

投稿: Wizard of Keyboard | 2006年5月 8日 (月) 02時27分

wizardさま、お元気そうでなによりです。さすが、高分子マニアだけあってコメントのレベルが違いますね。僕のblogにもコメント頂きありがとうございます。ゴムは冷却するとその体積が増大すると聞いたことがあるのですが、これはゴムの重合との関係から見られる結果なのでしょうか?それともガセ?

投稿: masa | 2006年5月 8日 (月) 07時41分

wizardさま、コメントありがとうございますm(_ _)m

タイヤメーカーのGoodyearって研究者の名前に由来していたんですねー。とても良い知見が得られました!

稚拙なブログではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: nabe | 2006年5月 8日 (月) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90450/1700291

この記事へのトラックバック一覧です: 今日5月6日は、なんと:

« こどもの日(わかめの日でもあるよ♪) | トップページ | 『フジグラン石井店』の傾向およびその対策 »