そりゃ、学食に来てまでパスタはちょっと…。

Ts340356a

本日の昼食は諸事情によりパスタが作れなくなったため、久しぶりに学生食堂へと繰り出すことになりました。
学食へ行くのはもうかれこれ半年振りだったので、非常に懐かしい気持ちで一杯になりました。
このところ『昼食=パスタ』という不変の定理に基づいて生きていたため、いざメニューを注文するとなると、そのバリエーションの多さにただただ圧倒されてしまいます。
思い悩んだ末、照り焼きチキン・味噌汁・ライスS(367円)という無難な組み合わせにしました。
お手軽に健康的でバリエーションに富んだ御飯が食べられる学食、やっぱりいいもんだなと改めて感じました。
自分の食べた献立中の野菜の量や塩分、カロリーを計算して表示してくれるのもなかなか為になります☆

Ts340355a

後藤さんもまた、久々の学食での昼食に大変満足されたご様子でした♪
やっぱり、みんなで囲むと美味しさ100倍ですね~!

気持ちを新たに、明日からまたパスタを茹で続けることでしょう。

| | コメント (0)

2006年、秋、沖縄

Ts340194 Ts340196

神戸空港から約2時間のフライトで那覇空港へと降り立ちました。

Ts340215

天気はあいにくの曇り空でしたが、予想以上に気温と湿度が高く、まだシャツ一枚で過ごせるほどの気候でした。

Dscf0826

沖縄と言えばやはり守り神シーサー。
僕たちを温かく出迎えてくれました。
メンソーレ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「高圧力と食品」セミナーに参加して

Ts340111

『高圧力と食品』セミナーでの講演を聞くために、会場である近大の生物理工学部を後藤さん、しゃぶさんと一緒に訪問しました!
高圧分野の第一線で活躍されている偉大な先生方とともにmasaさんも講演されるということもあり、本日のセミナーを非常に心待ちにしていました!

食品加工技術への高圧力の応用に関する興味深い話を多数聞くことができ、まさに期待通りの素晴らしい講演会でした!
今後さらに重要な役割を担うようになるであろうこの分野において勉学に携わることができる喜びを今回改めて感じました!

また、講演内容だけではなく、先生方の卓越したプレゼンテーション技法も大変勉強になりました!
今回学んだことを、自分の今後の発表機会に活かしていければと思います!

そして、さすがはmasaさん、聞き手側の興味を捉えて離さないプレゼン手法はお見事の一言でした!
masaさんらしく、スライドショーの構成にも非常に凝られており、見ていてとても楽しかったです!

越後製菓さんからお土産に頂いた高圧加工食品『八種穀物ご飯』、美味しく頂きたいと思いますm(__)m
とても有意義な、収穫の多いセミナーでした!

そして今回は異常に『!』の多い文章となってしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枇杷

Dscf0501 Dscf0500

『ビワの木は、他の木たちが休んでいる冬にひっそりと地味な花を咲かせ、翌年の初夏にようやく甘い果実をつける。みんなもビワの木のように地道な努力を惜しまない人になって下さい。』

ランドセル背負っていた頃、当時の校長がこんなことをおっしゃっていました。たしか全校集会で。

この季節が来て、ビワが実をつけているのを見ると、何故か今になってもこの話を思い出すんです。

あのころから早十数年。
自分はちょっとはそんな生き方をしてこれたんだろうか…
そうありたいとは思うんですが、なかなか(-"-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よる☆かぜ

Dscf0261_2 ついさっきM棟の非常階段のところから撮影した写真です。夜景はあまり綺麗に写らないだろうと思いながら撮ったのですが、意外と綺麗に撮れました。最近のカメラの性能は本当にすごい。

外はすがすがしい風が吹いています。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

(今日も引っ張る)高圧タマゴ

この前参加できなかった4年生と一緒に高圧タマゴを作りました。

01_002

装置と栩野君との真剣勝負!さすがはさわやかラガーマン

01_007_1

高圧タマゴを試食する平松さん(左)と栩野君(右)。「ゆで卵みたいな粉っぽさがなく、食感がたまらない!」とのこと☆

01_008

普通のゆで卵を普通に試食する4年生のみなさん。写真(左から):吉田さん・伊東さん・松田さん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高圧タマゴ (番外編)

2006423_012_1

おしゃぶさんダイナマイトの初めての協同作業☆今日も笑顔がまぶしいねぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲願の高圧タマゴ

2006423_004

ついに高圧ポンプが使えるようになり、悲願の高圧タマゴを食べられる日がやって来ました!後藤さんがセル内にウズラのタマゴをセッティング!

2006423_005_1

ダイナマイトが自慢の腕力で500MPa(水深5万メートルにおける圧力と同じ)まで加圧!温度は50℃一定、加圧時間は30min。

2006423_006_1

しゃぶさんは高圧タマゴとの比較のために、ゆでタマゴを優雅に作成中。「わいのゆでタマゴは天下一品や!」

2006423_009

ついに完成、念願の高圧タマゴ (T-T) 左がゆでタマゴで、右が高圧タマゴです。高圧の方がゆでよりも若干トロッとした感じ。

2006423_011_1

しゃぶさんの試食タイム☆まずは普通のゆでタマゴ。「うん普通やなぁ、ちょっと硫黄のにおいがするわぁ~。」

2006423_012 2006423_013_3

                      before                                           after

つづきまして、高圧タマゴを初体験(〃∇〃)「うわぁ~、めっちゃ濃厚な味やわぁ~!ほんのりした甘みが口の中に広がりますわぁ~!硫黄臭さは全然あらへんし、普通のゆでタマゴより断然美味しおますわぁ~☆」                     

見事高圧タマゴを作ることに成功し、高圧装置の実力を充分に発揮することができました!また同時に、高圧タマゴの美味しさを堪能することもでき、実に有意義な1日となりました(y^^y)一家に1台「高圧タマゴメーカー」が普及する日もそう遠くはない?? (完)                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Shall we eat a 高圧タマゴ?

2006423_011 長い間眠りについていた高圧装置を動かしてみることになりました。かなり年季の入ったこの装置を使って、4年生と一緒に高圧タマゴを作る予定だったのですが、なぜか全く加圧できませんでした。みんなで念入りにクリーニングをし、ちゃんとマニュアルどおりの操作を行ったのですが…。聞けば、うちの研究室で最も高圧力(550 MPa)をかけられるのがこの装置だそうです。まさに眠れる獅子です。はたして目覚める日はいつになるのでしょうかヽ(  ̄д ̄;)ノ  (続)

写真(左から):ダイナマイト(土佐の至宝)・後藤さん・おニイ系しゃぶさん

| | コメント (7) | トラックバック (0)